ATOxPRO

アトピーが消えた結果から遡っていく情報まとめ。乳酸菌をアトピー・アレルギー体質ケアに活かす

【悲報】ヨーグルトって本当にアトピーに良いの?っていう疑問を徹底的に追求してみたら、ヨーグルト辞める事になった話。

f:id:tommyyoshi-biz:20180605142157p:plain

こんにちは。

ATOxPRO! 管理人のTommyです。

 

今日は、いまだに「ヨーグルトでアトピーを治したい!」と考えている人に悲報をお伝えしようと思います。

 

突然なんですが、私、ヨーグルト大好きなんですよ。

特に飲むヨーグルト。

 

でも、飲むとお腹が痛くなるし、でもそのおかげで便秘も解消できてるのかも?なんて都合のいい解釈をしてたのですが、、、、

 

アトピー悪くなるばっかりでした(汗

(※個人的な感想ですよ!)

 

ヨーグルトはアトピーにあんまりよくないカモ・・・というウワサはどこかで目にして、何となく、薄々「私、やめたほうがいいのかも・・・」と感じてはいました。

でも、その不安を払拭したくて、調べまくってみたんです。逆説を。

 

でも、調べれば調べるほど、ヨーグルトはダメでした・・・。

特に私のアトピー体質には。

 

今日はそんな話を、若干恨みを込めつつ、詳しくお伝えしたいと思います。

 

1.実は一番気をつけたい乳酸菌は・・・ 

私がいつも参考にさせていただいてる「WebMD」(※ WebMDはニューヨークに本社を構え、ロンドンにも支社のある総合医療情報サイト。下記リンクからHPへジャンプできます)

私が(勝手に)尊敬する「Dr. 牧瀬」「Dr. Axe」

またその他の食事療法や自然療法を取り入れているドクター達のHPによると、

ビフィズス菌がメインになっているヨーグルトは、アトピー持ちの人は食べるのを避けた方が良いと提唱しています

 

ハイ、これでしょっぱなからチェックメイトでした(TT)

 

1.1 Yogrut would not be always healthy.

ヨーグルトは発酵食品なのでヘルシーな印象がありますが、

「ヨーグルトを常食している人の半数は腸内が荒れてしまっている」

というリサーチ結果(消化器内科にて、腸の内視鏡を何万ケースと診ているドクター談)もありました。

 

また、日本人の半数以上が乳糖不耐症による下痢や、動物性脂肪の過剰摂取による便秘という副作用を感じる体質だそうです。

小難しいので、噛み砕くと・・・

日本人の2人に1人がこんな症状を持っている。

  • 牛乳やヨーグルトが体に合わず、おなかがゆるくなる
  • 脂肪分の摂り過ぎで、悪玉菌が増えて便秘になる

 ということ。

 

わ・・・私もコレかぁ!!

 

2. 乳製品自体が、大和民族には合わないという罠

ショッキングなことに、そもそも乳製品は日本人の消化器には遺伝子学的に合わないとする意見もありました。

乳製品に含まれるミネラルやタンパク質自体、日本人にとっては吸収しにくいのだそうで・・

 

結局

 

「カルシウム摂りたいなら、

日本人なら海苔と小魚」

 

だそうですよ。

◟꒰◍´Д‵◍꒱◞

 

 

 

3. ヨーグルトに含まれるビフィズス菌にも注意!

市販のヨーグルトに含まれているのは主にビフィズス菌で、ビフィズス菌そのものは整腸効果はあるのですが、同時にお肌の健康を守る「ビオチン(ビタミンH)」を消費してしまう曲者だそう。

ビオチンはアトピー改善には圧倒的に足りないうえ、さらに補う必要があるのです。

日本人のおよそ7割はビオチン不足だと推測されていますが、特に次のような人に不足します。

●ヨーグルトを頻繁に多く食べる人。
 ・・・普通の「免疫を上げる系」のヨーグルトにはビオチンを餌とするビフィズス菌が含まれているかもしれません。  

ーー参考元:重要なサプリメント(8/26) | ドクター牧瀬の「アトピー性皮膚炎の完治を目指して」

 

というわけで、普通の乳酸菌をやみくもに摂っても無意味どころか逆効果になる事もあるので注意が必要ですよ!!

 

4. ヨーグルトといえば、トッピング♡・・そこにも罠が!

そういう私も、乳酸菌サプリについて知るまでは、せっせとヨーグルトにはちみつを入れて毎日食べてたときもありました。「殺菌効果」や「オリゴ糖」が多いという話を聞いて、すごい!って思って。

プルーンだってめちゃ食べてました。

あとは、ブルーベリーとかバナナなど、新鮮なフルーツを入れたり。

 

でもよく考えたら、はちみつだってフルーツだって、ドライフルーツなんてもっと糖分が高いんですよね。

それ全部「悪玉菌のエサ」になってるんですよ。

 

 

だから、「糖分=悪玉菌増殖」を知った時は

改善どころか悪化させてたなんて超ショック!!

でした・・・

 

アトピーが治るコツがわかる前までは、ホント意味ないっていうか真逆なことしてました。

 

まとめ. もはや辞める以外に選択肢が…

というわけで、そもそも体に合ってないし、砂糖もダメだし、乳酸菌の種類自体ダメ。

(私の場合、です。)

なので、私は辞めざるを得ませんでした。

泣く泣く、諦めました・・・。

 

アトピーが治った直後ぐらいは、お楽しみとしてヨーグルト(絶対プレーンのみ)を食べたりもしましたが、

なんとなくお腹の調子が悪くなるの感じがして、結局もう食べるのをやめてしまいました。

心配な気持ちのまま食べ物をいただくなんて、ダメですもんね。

 

補足.「こんな人にはヨーグルトOK!」的な解釈!!

ヨーグルト協会の人からブーイングを食らうのが怖いので付け加えておきます。

私もヨーグルトは大好きです!!本当に好きです!

カルピスも好きだし、ヤクルトも好き。(でした)

 

アイスコーヒーには牛乳が必須だし、なんなら今だって飲んでます!(えっへん!)

 

そして、記事内にあった

「日本人の2人に1人は乳糖不耐症」という部分ですが、

逆にいうと、残りの1人は何にもないわけなので、

 

「乳製品を食べてもお腹が大丈夫なら、もちろん続けてヨシ」だし、

「ヨーグルトで便秘が治る」というケースもモチロンあると思います。

 

個人差ですもんね!^^

 

なので、あなた自身が様子を見ながら色々試してみるのが、一番だと思います!!

アトピーは絶対こう!これだけ抑えれば治る!っていう

「ゴールデンルール」みたいなのはないんですよね。

 

だから難しいんですが・・・

いつでも「体の声」に耳を傾けていれば、間違った対策はしないで済むのかもしれないですね。^^

 

参考になりましたら嬉しいです♪^^