ATOxPRO

アトピーが消えた結果から遡っていく情報まとめ。乳酸菌をアトピー・アレルギー体質ケアに活かす

乳酸菌サプリの選び方|アレルギーなら飲みたい目安量…ドクター推奨は500億個!その理由とは

f:id:tommyyoshi-biz:20180604105816p:plain

  • 「アトピーの改善には乳酸菌の摂取が有効」
  • 「中でも、ラクトバチルス乳酸菌がアトピーの症状を軽減させてくれる」

 これはもう誰でも知っていることですが、肝心の「量」は結構曖昧です。

日本のお医者さんでは「100億個〜」を推奨している方もいらっしゃるんですけど、正直、ひどい便秘(or ひどい下痢)、アトピーが全身症状の状態には100億個は生ぬるいし、せっかくそれなりのお金を払って何ヶ月も飲んでみてもなんの意味もないこともあるかもしれません。(悔しいですが、私は200億個は全く意味ナシでした)

 

乳酸菌はあくまで食品の一種であるため、断定的な論文はなかなか見当たらなかったのですが、それでもしつこく調べているうちに

海外のドクターが一人、推奨量を明記している記事を発見しました。

 

そう。まさしくこのドクターの推奨が、

 

「500億個」

 

なんです。なので今回はその理由を解説してます。

 

1. 「乳酸菌=最低500億個」を提唱してるドクターについて

500億個を推奨しているドクターは「Dr. Axe」(アックス医学博士)という方です。

医師で、「Leaky Gut Syndrome (リーキーガット症候群)」という症状(明確には病気ではなく、症候群として考えられいます)を食事やサプリでケアする方法を公開しています。

Dr. Axeのwebsite へは世界中の健康志向の人が何万人も訪れていて、私もその一人。

 

1.1. 「Dr. Axe」って何者?

f:id:tommyyoshi-biz:20180604110924p:plain

ーーDr. Axe - Food is Medicineより引用

 

管理人が個人的に好きな俳優の「アダム・サンドラー」に少し似てるんですが、イケメンの部類に入るのだろうか??

この方は菜食主義寄りなので、痩せている印象はありますね。英語が苦にならない方は、彼のサイトでケア方法をリサーチしてみると良いかもしれません。

 

1.2. Dr. Axeの健康法は圧倒的情報量がスバラシイです

彼のサイトはサプリ療法から食事療法まで網羅していて、とても勉強になります。

最近では食物アレルギーの予防方法なんかも提唱されており、情報が多すぎてウェブサイトを1ページ見るだけでも頭がクラクラします。(苦笑)

しかもアトピーだけに限らず生活習慣病などのケア方法まで具体的に解説されているので、かなりディープな健康志向の方にも支持されています。

私もこのサイトで紹介されているヘルスケア法を見て、良いと思ったことはどんどん試していってます。 

 

 

ちなみに、私自身も、リーキーガットの症状(特定の食物をたくさん食べると何となーくアレルギーが出たり、小麦粉を食べるとアレルギーが悪化する)を自覚しているので治療法を実践中。

私が「アレルナイトプラス」を摂る事に決めたのも、彼の知識を元に、

「今の自分に本当に必要なものは何か?」ということにきちんと向き合えたからです。

 

2. 「乳酸菌500億個」の理由

この方のホームページ内の記事 4 Steps to Heal Leaky Gut and Autoimmune Disease

この中に「最低でも500億個」という記述を見つけました。その部分を抜粋&要約してみます。

Probiotics are the most important supplement to take because it helps replenish good bacteria and crowds out bad bacteria. I recommend getting probiotics in both food and supplement form. I see people all the time only follow part of the protocol in healing their leaky gut syndrome by removing the damaging irritants. But (長いので一部略)So load up on BOTH probiotic-rich foods and take AT LEAST 50 billion units of probiotics daily from a high-quality brand.

 

要約)プロバイオティクスは善玉菌を活性化して、悪玉菌を抑制する働きがあるため一番重要なサプリです。私が推奨するのは、プロバイオティクスを食品とサプリメントの両方から摂ること。多くの人々がリーキーガットを治したいからと、全体的な治療法から、リーキーガットの原因となる食品を除去するだけのほんの一部分しか実践しないのを私は見て来ました。しかし・・(長いので略)そのため、プロバイオティクスが豊富に含まれる食品と高品質なサプリを合わせて毎日500億個摂ること

ーー引用元:4 Steps to Heal Leaky Gut and Autoimmune Disease

 ↑実はこの記事、2017年の記事なのですが、2018年の現在は新しい内容になっています。

 

新しい記事では、もっとわかりやすく「どんなサプリを選べばいいか?」が解説されています。

↓それがコチラ。

When reading probiotics labels keep a look out for the genus, species, and strain. The label should also indicate the type of CFU’s (colony forming units) that are present at the time of manufacturing. When purchasing a probiotic supplement always consider these key aspects: Brand Quality: Chose companies that you trust and that you know use higher quality ingredients. High CFU Count:Make sure that you only take a probiotic that has at least 50 billion CFUs. Strain Diversity: Also, look for a supplement with multiple bacterial strains. Survivability: Keep a look out for beneficial strains like:

要約)乳酸菌サプリの原材料表示を見るときは、種類を見るようにしましょう。表示には、乳酸菌の数も表示されているはず(製造時点においての数)。乳酸菌サプリを買うときは、これらをよく考えるように:メーカー品質; 高品質な原料を使っている事を知っており、信用できる会社。乳酸菌の数; 最低でも500億個以上を含むものを選ぶ。乳酸菌の種類の豊富さ; なるべく複数の微生物を含むサプリを選ぶ。生き残る乳酸菌; 下記のような効果のある種を探す。↓
  • Bifidobacterium bifidum (1ビフィドバクテリアム(以下B)・ビフィダム
  • Bifidobacterium longum (2B・ロンガム
  • Bifidobacterium breve (3B・ブレーベ
  • Bifidobacterium infantis (4B・インファンティス
  • Lactobacillus casei (5ラクトバチルス(以下L)・カゼイ
  • Lactobacillus acidophilus (6L・アシドフィルス
  • Lactobacillus bulgaricus (7L・ブルガリカ
  • Lactobacillus brevis (8L・ブレビス
  • Lactobacillus rhamnosus (9L・ラムノーサス
  • Bacillus subtilis (10バチルス・サブティリス
  • Bacillus coagulans (11バチルス・コアグランス
  • Saccharomyces boulardii (12サッカロマイセス・ブラウディ

以上。

 

3. 500億個以上摂れるサプリ

上記のような種類の乳酸菌を一気に摂れるサプリはあまり多くありません。

ただしマルチドフィルスはメーカー推奨量だと1日200億個分しか摂れないので、各自の責任において500億個分まで増量する必要があるかもしれません。

私は倍量までチャレンジしましたが、粒が多くてつらいので断念。

結局マルチドフィルスは200億個で物足りないまま飲み終え、その後、乳酸菌革命に切り替えていきました。(あくまで私の場合です)

 

4. 乳酸菌は色々な種類を合わせて摂るのが理想。

違う種類の乳酸菌を沢山摂るとどうして良いのかというと・・・

乳酸菌は微生物なので、種類によっては「酸素が薄いところ」が好きだったり、逆に「濃いところ」が好きだったりと、同じ腸の中でも好んで住み着く場所が菌によって異なるんです。

だから、沢山の種類を摂れば摂るほど、腸内の様々な場所で、それぞれの菌が活躍してくれるというわけ。

 

なのでこれから乳酸菌を摂り始める場合は、200億個なんてみみっちい所から始めるのはやめて「最低500億個」を目標にしましょう。 

Dr.Axeの記事にもある通り、なるべく品質の確かなメーカーのものを選ぶようにしてください。

アメリカのサプリなら、Solaray(ソラレー)、Thompson(トンプソン)、now(ナウ)など、大手であればある程、良いと言われています。

訴訟大国のアメリカなので、大手のメーカーは特に品質管理に厳しいといえます。

日本では「GMP認定工場」で製造されていることが分かるメーカー、また乳酸菌の種類をきちんと明記していることが最低ラインです。

おすすめのサプリはこちらです。

 

5. 酷い便秘だった30代女性の私の組み合わせ例

5.1.「550億個」→ダメ

私は、数ヶ月にわたり「マルチドフィルス」と「カルピスのアレルケア」を飲んでいました。食後に「ピルクル」も。(これはもっとよくなかった。。。)

  • マルチドフィルス(200億個、12種類)
  • アレルケア(200億個、1種類)
  • ピルクル(150億個、1種類)

このときは合わせて550億個 ピルクルは実際どのくらい腸に届いていたかは完全に不明です。。。ひどい便秘から「そこそこ出るくらいになったかな・・・?」って感じでしたね。

そんな感じで便秘解消がイマイチだからか、アトピーの痒みにはほとんど効果を感じられませんでした。

そこでDr. Axeのサイトを読み「私には550億個では足りない」と判断。

「アレルナイトプラス」を加え「アレルケア」をやめました。とはいえ、1種類だけだと不安だったので「マルチドフィルス」は続行。

 

5.2. 「1,200億個」→変化あり

 

  • マルチドフィルス(200億個、12種類)
  • アレルナイトプラス(1,000億個、1種類)

合計で1,200億個

この組み合わせにしてから、アトピーに著功がみられるようになりました。

 

正直、ほとんどアレルナイトプラスの効果が凄かったんだと思うのですが、

この組み合わせにしてからほぼアトピーと分からない位まで肌状態が回復しました。

 

5.3. アトピーを乗り越えた現在→「500億個」で健康肌・快腸キープ中!

現在私が摂取している乳酸菌は500億個

アレルナイトプラスなしでもぐっすり眠れるようになったし、アトピーはもうなくなったので、乳酸菌革命(半量)に切り替え、500億個飲んでいます。

基本は500億個で健康体をキープできていますよ。^^

 

 

まとめ

というわけで、今回は「最低でも500億個」の理由を解説してみました。

アトピーなどのアレルギー体質を変えるには、量も種類も大事、ということがお分かりいただけましたら嬉しいです。

ドクター発信の【一次情報】なので、信頼性は高いです。私も体験済みで、太鼓判押しときます。^^

 

なお、今回はDr.Axeおすすめの菌も引用させていただきましたが、実際にどの菌が体に合うのか?の個人差はあると思います。

また、乳酸菌は体に良い働きをしますが「菌」です。

高齢者の方や赤ちゃんなど抵抗力の低い人がよくわからない菌を大量に摂ると「感染症」になる恐れがあることも報告されています。

 

ですので、まずは効果が出やすく、かつリスクの低い方法から試してみてください。

具体的には「複数種類が入っているサプリ」を推奨量の通りに使ってみてください。

その上で、効果をより求めたければ他の種類を足していくのが正攻法となります。

 

続けていれば、お通じはきっと良くなるはずです。 

 

参考になれば幸いです!

 

▼ ▼ ▼

1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!★大好評!喜びの声続々と!